2010年02月15日

選手紹介第4弾 片山弘志

塩ホルモンはデザートです。


こんにちはマネです。

何だかんだで選手紹介も第4弾まできました。
主将、副主将の紹介が終わったので次はどうしましょうかしら。

う〜ん・・・。

それでは、コーチ、監督をご紹介させていただきましょう。
まぁ、とは言っても全員選手兼任なんですが。


選手、コーチ(監督)の両面でご紹介しましょうぴかぴか(新しい)

今回の主人公は

    ・
    ・
    ・
    ・











どりゃかわいい

【フィールドの踊り子】片山 弘志
DSCN3695.JPG

 コーチ兼内野手ぴかぴか(新しい)
 【背番号】 24
 【ポジション】 セカンド・ショート
  右投げ 左打ち
 【ニックネーム】 ヒロシ・ヒロシちゃん・S
 【長所】 イケてるところ
 【短所】 S
 【特技】 カラオケがエッチくさいところ(甘い)
      ローソンに足繁く通うところ
 【その他】 弟も双子かと見紛うほど良く似ている  

彼は超駑級の『S』ですドコモ提供
サディストですドコモポイント
人が苦しんでいるところをみてニヤニヤしていますドコモポイント
いつも苦しめられていますあせあせ(飛び散る汗)
前世はきっと女王様ですもうやだ〜(悲しい顔)


恨み節はこの辺にして、経歴を紹介します。

彼は札幌ホーネッツ第4代キャプテンでした。
前キャプテンということですね。
2年間の任期をまっとうして、今年からコーチに任命されました。
彼がキャプテンになった1年目には、都市対抗で初めて4強まで勝ち上がれたし、クラブも全国に進むことが出来ました。
残念ながら去年はクラブの全国に行くことは出来ませんでしたが、都市対抗では順位を一つ上げることができました。

チームとしても本人もこの成績に満足してはいませんが、先ずは小目標の「2次予選まで勝ちあがること」が達成できたのはチームとしても大きな前進であったと思います。
色々のギャップや葛藤なんかがあって大変だったと思いますが、まずはお疲れ様でした。
ヒロシの苦労があったので今のチームの基礎ができているんだと思いますよ。



で、そんな功績が認めれて今年から肩書きが「コーチ」へと変わりました。
ここからが大変exclamation
いじめですたらーっ(汗)
ドSぶり発揮です。
クタクタになってこれで終わりだって思ってもニヤニヤしながら3つ4つメニューを追加してきます。
とは言っても、コーチ自ら同じメニューをこなしているので誰も文句は言えません。
今のチームの楽しさの中に厳しさありという雰囲気は彼が作り出していると言っても良いかもしれません。
お手柔らかに片山コーチ揺れるハート

そんな片山コーチですが、選手としても超中心選手です。
彼は、うちのチームで唯一の独立リーグ経験者で、香川オリーブガイナーズに所属していました。
だからそういう厳しい所に身を置いていたせいか、とってもハングリーな気がします。
見習わないとだめですよね。
去年は主に1番でセカンドでした。
今年は何番を打つことになるんですかね。
本人的には去年、一昨年の成績には満足していないようなので、今年はその悔しさをバネにきっとやってくれるはずです。



ところで、我がチームの公式戦の応援で関ジャニ∞の「ズッコケ男道」の替え歌がかかっているのはご存知ですか?
選手何名かで歌っていますが、そのうちの1人が彼です。
一番エロく、甘く歌い上げているのが彼ですので、どのパートで歌っているのか予想してみてください。

ちなみに「ハイexclamation」「ハイッexclamation×2」ってやたらデカイ声出しているのが○越選手です。


では「選手」と「コーチ」の2足のわらじを履いた片山弘志へのご声援を宜しくお願いしますグッド(上向き矢印)

今日はこの辺で手(パー)

posted by ホーネッツ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

選手紹介第3弾 大野優太

メタボリックシンドロームの腹囲85cmって厳しすぎるって意見が出てるみたいですね。
はい、厳しいです。


どうもマネです。

今回も選手紹介をお届けします。



第3弾は・・・・











えいっひらめき

【悩殺フルスイング】大野優太
TS3H00080001.jpg
 

  【背番号】  39
  【ポジション】  外野
   右投げ 右打ち
  【長所】 スリム
  【短所】 細い・発言がいつも棒読み
  【特技】 流し打ち
  【ニックネーム】 ゆうた・ミスター下働き・マッチ棒・
           和製ブルースリー などなど

前回紹介した今田投手と同じで今年から副キャプテンとして頑張っています。

大野、山下、今田の3人体制、去年まで3人で話しているところはあまり見たことがありませんでしたが、かなり良い感じです。


彼は北海高校を数年前一世を風靡した特待生制度exclamation&questionで入学しました。
3年間厳しい練習に耐え無事卒業。
その後札幌近郊の某大学に入学も、卒業したんだかしてないんだか。
現在はスポーツ店の店員として頑張っています。

実は彼、札幌ホーネッツ創設時からのメンバーで、今年10年目になります。
ということはチームも今年で10歳になります。
10年というのは節目であり、選手としてもチームとしても良く頑張ったんだなと思います。

良く頑張ったexclamation
これからはもっと頑張れexclamation×2




彼はよく気が利きます。というより飲み会の度に集金係をやっているような・・・。
わたくしなんかが、飲み会で集金していたり、グランド整備でトンボなんかを掛けていると、だいたい一番先に彼が「先輩!かわります。」なんて抑揚のない、棒読みな感じで声を掛けてきます。
ホントは変わりたくないんだろうって思うくらい平坦です。

とは言え、率先して裏方や雑用なんかを行う姿を見ると、年齢関係なく見習わなくちゃって考えさせられます。  


彼のチャームポイントは細い脚です。
ユニフォームなんかはブカブカです。
バットを持って打席に立っても、どっからバットでどっから腕か分かりません。
肘も膝も大きな違いがありません。
最近のトレーニングなんかで一生懸命脚を太くしようと頑張っていますが、わたくしが見る限り効果が出ていないように思います。
でも腹筋だけは割れていました。

細くとも太く生きろ。

DSCN3571.JPG




何だか飛び飛びになってしまいましたがバッド(下向き矢印)
締めます。
彼はうちのチームでは貴重な選任の外野手です。
去年は良い所で印象に残るヒットをたくさんexclamation&question打ってくれました。
今年も打ってくださいよ。

今年は副キャプテンという立場でチーム全体を見なければならず、責任は大きいですが頑張ってください。

同じ名門exclamation&question高校出身として応援しています。

それでは皆さん、10年目にしてやっと前に出てきた【大野 優太】を宜しくお願いします。

今日はこの辺で手(パー)




posted by ホーネッツ at 14:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 選手紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

選手紹介第2弾 今田裕一

最近自分の体が【ザ・グレートカブキ】みたいになってきました。



こんにちはマネです。


今回はちょっと時間が空いてしまいましたが、選手紹介の第2弾をお届けしますプレゼント

今回ご紹介する選手は・・・














ジャンるんるん

【恋するセットアッパー】今田裕一

DSCN3690.JPG

   背番号   18
   ポジション ピッチャー
   投げ方   サイドスローのようなアンダースローのような・・・
   右投げ 右打ち
   ニックネーム 【いまやん】(ただし呼んでいるのは一人)
   長所 カモシカのような足運び(速いダッシュ(走り出すさま)
      臨機応変なところ
   短所 すぐ突き指させられるところ


彼は今年から札幌ホーネッツの副キャプテンとして頑張っています。

何だか今は『影のボス』的存在で、逆らったら練習メニューが追加されそうで恐ろしくて口がきけません。

とは言え、今のうちのチームの雰囲気を支えている重要人物の1人です。

キャプテンの時にも書きましたが、やっぱり船頭の力は重要で、これを間違ってしまうと、如何様にもチームが変わるなとヒシヒシと感じています。

だから今すごく真摯にチーム全体が取り組めているということは船頭さんたちが頑張っているからなんだとも思います。












まあ持ち上げるのはこのくらいにして。




彼はクセ球です。
よくピッチングのボールを受けますが、良い音を鳴らせません。
(それはお前のキャッチングが下手だっていう意見はさておき)

突き指もよくします。

わたくしは突き指をしないことが自慢でしたが、よく逆に曲がります。

なんですかね、投げ方の割にはボールがクネクネしていないと思いますが、ボールに力があるんだと思います。
で、ちょっと動く。
こんな感じです。

打つ方もゆるくない(北海道弁)と思います。

チームのバッティング練習なんかでもF崎投手と今田投手が投げているゲージがあったら、F崎投手には行列が出来て、今田投手はスカスカなんてこともしばしばあります。

そんだけ打ちにくいんだと思います。


去年はこんなエピソードもありました。
野手不足もあって、クラブチームとのオープン戦の際、彼は外野手で先発出場しました。
もともと、足が速かったり、捕球の感じが良かったりとセンスの良さは誰もが感じているところでしたが、何といとも簡単にサイクルヒットを達成してしまいましたがく〜(落胆した顔)

しかもホームランは左中間の一番深いところへ叩き込んで・・・

まぁ、何とも野手であるこちらが悲しくなってしまう事件でしたもうやだ〜(悲しい顔)

今年は野手でも試合に出るんでしょうか・・・ ムフフ
先発だろうかセットアッパーだろうか・・・ウヒヒ

そんな今田裕一、要チェックですexclamation×2

是非ご声援をぴかぴか(新しい)


では今回はこの辺で手(パー)
posted by ホーネッツ at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

選手紹介第1弾 山下陽平

焼肉を食べた直後って「もう肉なんかしばらくいらん」って
感じるけど、次の日になったらちゃんと食べれるんだな。


どうもマネです。


非公式exclamation&questionの【すずめばち日記帳】がとっても面白いので、正直あせってますあせあせ(飛び散る汗)


とは言えこちらもオフィシャルの意地を掛け選手紹介を始めようと思います。


記念すべき第1回は


     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・ 
     ・













こいつ



CA3F0025.jpg



第5代札幌ホーネッツ主将

 ファンキーモンキー山下陽平exclamation×2

 ※ファンキーモンキーの出典については1月28日の【すずめばち日記帳】をご覧下さい。

ポジション  キャッチャー
 
 背番号  27

 右投げ 左打ち


 あだ名は【陽平】【やまP】【ダメ下】【ダメ平】などたくさんあります。



 で、彼は兵庫県姫路市出身で姫路東高校、名古屋大学(これが凄い)を卒業後、新卒で日清食品に入社しいきなり札幌勤務で北海道にやってきました。

何でも北信越の独立リーグに合格(補欠)したけど、就職を選んだつわものです。





まぁ北海道も良いとこでしょ、山下君。




チャームポイント 時折だす関西弁黒ハート


弱点 【日本酒】と【酔うと何でも話し出す】こと。

長所 持久走がめっぽう早いexclamation×2

特技 マイケル・ジョンソン張りのピッチ走法
   (ただ走り方についてはトレーナーに故障に繋がるので修正するように言われている)





彼のデビューは鮮烈でした。
室内練習場でのバッティング練習では和○の渾身のストレートを
【バッッッキャーン】と乾いた打球音を残しネットに突き刺し、
オープン戦では【シュキーーーーーン】と心地よい打球音を残し、糸を引くような痛烈な打球を左中間に放ちました。





これはすごい打者が来た!
4番は安泰だと。誰もがその時感じました。
















しかし、そこがピークでした。
















いやいやそんなことはありません。

去年は1年を通し4番を張り、扇の要の捕手としても頑張りました。
そんな働きと人間性が認められ今年から第5代主将に抜擢されましたわーい(嬉しい顔)

彼が主将になって、新しい風が吹き、すごく良い雰囲気で今練習に取り組めていると思います。



キャプテンのカラーってでるよね、うん、うん。


今年の山下陽平 要チェックですexclamation×2


皆様ぜひとも応援宜しくお願いいたします。




今日はこれにて手(パー)
posted by ホーネッツ at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする