2020年02月29日

ポジショニング

2塁にランナーがいる時のポジショニングについてです。
分かりやすく2死2塁の場合にします。

まず考えることは、

1点やっていいのか、
防ぎたいのかで、

外野のポジショニングは決まってきます。

このポジショニングは外野だけではダメです。

内野のポジショニングと連動していないといけません。

特にセカンド、ショートのポジショニングです。



まず、3塁コーチャーから見て2塁ランナーを本塁に回しやすいのは
センター前に抜けた時です。

なぜなら、一番距離が遠いので、
ギリギリまで引っ張って判断することが出来ます。

逆に一番回しにくいのがレフト前ですね。
なぜなら一番距離が近いから判断する時間が少ないからです。

ということは、レフト前とライト前は空けて良い事になります。
なので基本形としては、
セカンド、ショートは二遊間寄りにポジショニングします。

これで二遊間をゴロで抜ける確率は下がりますので、
センターは定位置で飛球への対応になります。

一、二塁間、三遊間を空ける事になるので、
1点やりたくない場合、

レフト、ライトは前に詰めます。

これが基本形です。

あと2パターンありますが、
これは打者がどんなライプかで決まります。

センターは基本、定位置になります。

右バッターで引っ張りタイプで長打もあるバッターの場合、

ショートは三遊間深く守らせます。

2塁ランナーの牽制ケアはセカンドオンリーです。

三遊間をゴロで抜ける確率が下がるので、

今度はレフトが定位置もしくは後ろめになります。

センターは定位置か、左中間寄りで前進もありです。

ライトは一、二塁間が空いてますので前進です。

左打者で引っ張りの場合は、この逆ですね。

セカンドが一、二塁間を深めに守り、

ショートが2塁ランナーの牽制ケア、

レフトが前進で、ライトは定位置で飛球ケアです。

このバランスを的確にベンチから指示を出せるように、

気をつけています。

コーチ岩原

posted by ホーネッツ at 21:45| Comment(0) | コーチの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。